事業者ローンで融資をGETする|窮地を脱する術を伝授します

お金

担保ローンの一つである

銀行

不動産担保ローンは、その土地の価値を査定してもらってお金を借りることになります。フリーローンであることもありますし、目的ローンであることもあります。土地の価値によって、貸してくれる金額が変ってきます。

詳細を確認する

仕事で金が必要になったら

工夫してお金を借りよう

案内

自営業者の方は、急に多額のお金が必要になることもあると思います。そんな際は、金融機関で融資を受ける方が多いのではないでしょうか。自営業者の方は、事業者ローンを組むのが一般的だと思います。この事業者ローンとは、小口よりも大きな金額を融資してもらえるローンです。もちろん、銀行や信販会社で借りる方法もありますが、一般的にこのような金融機関では、審査に時間がかかることがほとんどです。結果が下りるまでに数日かかり、それからさらに融資までに数日かかることもあります。しかし、早めの融資が必要な場合は、長い間待つ時間がありません。そんな時こそ、消費者金融にお申し込みすると良いと思います。 消費者金融の中には、大口の事業者ローンを扱っているところがあります。このような金融機関は、スピーディーな審査を心がけているため、遅くても2、3日程度で融資に至ることが可能です。そのため、とりあえず消費者金融で借り入れをし、その後銀行などへ切り替えるなどの工夫をすると、とりあえず急な出費にも対応することが可能です。頭を捻れば方法は無限大です。窮地を脱する術として覚えておきましょう。

知っておくと役立つ情報

事業者ローンを組む際は、大口の金額になる場合が多いため、連帯保証人が必要になってきます。連帯保証人には、お金の利用目的を話しておかなければなりませんが、事業資金と言えば良いため、あまり話ずらいということはないと思います。しかし、自営業者の方で、多重債務で困っている場合、おまとめローンを組む必要が出てくるでしょう。このおまとめローンでも連帯保証人が必要になり、他社の返済といった利用目的を告げなくてはなりません。ほとんどの方が、この利用目的を話すことができなくて、おまとめローンをあきらめているのですが、自営業者の方がこのローンを組む場合、おまとめローンとしてではなく、事業者ローンとしてお申し込みできる場合があります。その際は、仮に他社の支払いであったとしても、連帯保証人には事業資金としてお申し込みすると伝えることが可能になります。 こういった行為が可能となる金融機関があるため、この情報を念頭にいれて、おまとめローンとして事業者ローンを探すのも、一つの方法です。ピンチの時に頼れる救世主とも言えるでしょう。

ECサイト決済について

お金

決済代行サービスを利用すれば、まとめて複数の決済方法を導入することができるため便利です。決済代行会社を比較検討する場合、まず考えるべきなのは、ECサイトの目的と決済代行会社の特徴が合致しているかどうかです。

詳細を確認する

カードでローンを利用する

お金

カードローンは銀行や消費者金融から発行されており、多くの商品があるので比較する事によって金利の低い商品を利用する事ができます。注意したいのが銀行と消費者金融のカードローンの特徴は異なっているという事です。

詳細を確認する